雇用調整助成金の特例措置 延長へ




新型コロナウイルスの流行により、今年の春頃は支給要件が二転三転していた雇用調整助成金。

今では手続きもずいぶんと簡略化され、愛知県・岐阜県では現在、支給申請から受給まで約3~4週間となっています。



会社の資金繰りや人材確保に大きく貢献しているこの助成金の特例措置も、12月末に期限を迎えるにあたり、来年の動きが注目されていましたが、本日、厚生労働省から令和3年2月末まで延長するとの発表がありました。


3月以降はまだ分かりませんが、「感染防止策と社会経済活動の両立が図られる中で、休業者数・失業者数が急増するなど雇用情勢が大きく悪化しない限り、雇用調整助成金の特例措置等は、段階的に縮減を行ってい」くとのことです。



弊所では顧問企業様以外のご依頼も受け付けておりますので、この助成金を活用されたい企業様はぜひご相談ください。