新着情報

最新のお知らせ


2020年11月24日 : 経営労務診断のススメ



新型コロナウイルスの第3波と言われておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

最近は「新しい生活様式」を求められていますが、ビジネスにおいてもあらゆる場面で発想の転換が必要とされていますね。
そして、経営課題の一つとして、人材の確保が重要項目となっています。




生産性の向上が求められる中、優秀な人材は企業にかかせません。
採用から定着まで、どうやったら優秀な人が残ってくれるか。

給与額?
教育研修?
福利厚生の充実?



能力に見合った給与額、段階的な育成、充実した福利厚生、どれも必要かもしれませんが、その前にすべきことがあります。





それは、労務環境を見直すことです。


かねてから弊所では「法令順守は当たり前」と申し上げてきましたが、ホワイト企業であるということは、従業員に安心を与えるだけでなく、企業の信頼性向上、求職者へのアピールにもつながります。



そこで、法律をきちんと守っていると思っていても、正しく理解していない、間違った思い込み等も多々あるので、専門家によるチェックをおススメします。


関連:ホワイト企業化支援へのページ



労務監査、というと大がかりですが、弊所では、3ステップでホワイト企業を目指すことができるメニューをご用意しております。


・Step 1:労務コンプライアンス 3分チェック
・Step 2:経営労務診断
・Step 3:ホワイト化パッケージ



Step1はフォームにて簡単な質問に答えるだけ。
約3分で完了です。
無料ですので是非やってみて下さい。

 「労務コンプライアンス3分チェック」へのリンク



Step2、Step3は、キャンペーン実施中で、19名以下の企業様は特別価格にてご提供。
キャンペーン適用は2021年1月31日受付分までです。


Step1~3に取り組むことで、段階に合わせて全国社会保険労務士会連合会より「経営労務診断宣言・実施・適合企業」のマークが付与され、企業情報サイトに掲載することもできます。
もちろん、付与されたマークはホームページや名刺に表示して、ホワイト企業であることをアピールできます。




「経営労務診断適合企業」をクリアしたら、次はStep4のホワイト企業認定を目指しましょう。
法令遵守以外に、ビジネスモデルやワークライフバランスなどの6つの認定指標があり、さらに企業価値を向上させることができます。
大企業だけでなく、中小企業も多く認定されていますよ。



詳しくは、「ホワイト企業化支援」のページをご覧ください。


「ホワイト企業化支援」のページ

2020年11月1日 : 事務所移転・社名変更のお知らせ
事務所移転・社名変更のお知らせ


このほど弊所は、11月よりテンプラス社労士事務所からフローラム社労士事務所に社名変更し、下記に移転することになりました。
つきましては、電話番号にも変更がありますので、あわせてお知らせいたします。

また、業務の一部を来る9月1日付で分離独立し、新たに株式会社flora-mとして開始することとなりました。
LGBT職場支援はもちろんのこと、中小企業のホワイト化支援に尽力して参ります。

新事務所は、これまでより一層セキュリティを強化し、お客様に安心して頂ける環境となっております。

今後とも変わらず、よろしくお願い申し上げます。



【新住所・連絡先】

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦三丁目11-25
アーク栄錦ニュービジネスビル716号室

フローラム社労士事務所

TEL:052-211-9663

業務開始日:11月9日



2020年6月21日 : マスク 発送しました


以前からSNSで呼びかけておりました、不要マスクの活用について、

アベノマスク10セット、学校等配布マスク4枚、子供用不織布マスク多数、手作りマスク8枚を

本日、名古屋市役所の子ども福祉課へ発送しましたことをご報告いたします。




みなさまから頂いたマスクは、名古屋市役所から市内の児童養護施設へ配布していただきます。

ご協力いただきありがとうございました。




弊所では、引き続き不要マスクを回収し、ある程度の数になりましたら名古屋市役所へ寄付させて頂きます。

「マスクはあるからもうこれ以上必要ない」とか、「小さすぎて使えない」という方がみえましたら、

弊所までお送り頂ければ幸いです。

(未開封のものに限ります)

どうぞよろしくお願いいたします。


2020年4月3日 : 新型コロナウイルス感染症関連の厚労省の助成金


「新型コロナウイルス感染症対策で利用可能な厚労省の助成金」

依然として猛威を振るう新型コロナウイルス。

経営者のみなさんには、会社の経営を守ることはもちろん、ご自身や家族、従業員を守る責務がありますから、今、とても大変な思いをされていることかと思います。

新型コロナウイルスに関連した助成金のお問合せを多数頂いておりますので、以下、参考にしてください。




◆雇用調整助成金
業種を問わず、受注量が減ったり、行政の要請で事業所を閉鎖したり、労働者が発症したため自主的に事業所を閉鎖したり、労働者が子の世話のため休暇を取得し生産体制の維持等が困難になった等、影響を受ける事業主が対象です。

〇3月10日発表の特例
・生産指標要件 1か月10%以上低下
・助成率 中小2/3、大企業1/2
・計画届 事後提出可(5月31日まで)
・対象 雇用保険被保険者
・支給限度日数 1年100日、3年150日

〇4月2日発表の特例
・4月1日から6月30日までを緊急対応期間とする
・生産指標要件 1か月5%以上低下
・助成率 中小4/5、大企業2/3
(解雇等行わない場合は 中小9/10、大企業3/4)
・計画届 事後提出可(6月30日まで)
・対象 雇用保険被保険者でない者も含める
・支給限度日数 1年100日、3年150日にそれぞれ緊急対応期間をプラス

〇厚労省HPより
「令和2年4月1日からの雇用調整助成金の特例措置については、事業主の皆様に前広に安心していただけるよう政府としての方針を先行して表明したものです。申し訳ございませんが、特例措置の更なる拡大の詳細については、後日発表しますので、もうしばらくお待ち下さい。(令和2年4月2日掲載)」



◆小学校休業等対応助成金
令和2年2月27日から3月31日までの間に、
①新型コロナウイルス感染症に関する対応として臨時休業等をした小学校等に通う子ども
②新型コロナウイルスに感染した又は風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある、小学校等に通う子ども
の世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主に対する助成金です。

・助成内容
有給休暇を取得した対象労働者に支払った賃金相当額×10/10 (上限8,330円)
・年次有給休暇を取得した場合に支払う賃金の額を支払うことが必要です。
(助成金の支給上限である8,330 円を超える場合であっても、全額を支払う必要があります。)
・申請期間 令和2年3月18日~6月30日まで
・半日単位、時間単位の休暇も対象



◆時間外労働等改善助成金〔テレワークコース〕
就業規則等を作成・変更し、2月17日から5月31日までの間にテレワークを新規で導入し、実施した労働者が1人以上いれば対象となります。
・助成額 経費合計額の2分の1(上限100万円)
・対象経費 謝金、旅費、借損料、会議費、雑役務費、印刷製本費、備品費、機械装置等購入費、委託費
(パソコン、タブレット、スマートフォンの購入費用は対象外。web会議用機器、社内のパソコンを遠隔操作するための機器等が対象)
・5月29日までに必要書類をテレワーク相談センターに提出して取組みを実施したのち、7月15日までに支給申請書等を提出します。





愛知労働局の助成金の部署があるフロアは、3月中旬ごろから人であふれかえっています。

通常はほとんど待ち時間はありませんが、3月末に別件で助成金申請に行ったところ、1時間以上待ちました。

特に雇用調整助成金について、まだ詳細はほとんど決まっていないということもあり、弊所も3月末までに依頼を受けた企業様の計画届を4月中に「とりあえず」提出する、という方向でおります。

公庫の融資も現在は要件が緩和されているとのことですが、やはり申請案件が多いため、すぐには融資されるわけではないようです。

先が見えない戦いで「コロナ疲れ」も出てきてしまうかもしれませんが、何とか乗り切りましょう!



2020年3月1日 : ホワイト企業コンサルタント認定のお知らせ


2020年1月、弊所はホワイト企業コンサルタントに認定されました。

かねてから企業発展の支援をしてまいりましたが、さらなるサービスの向上となることと思います。




ホワイト企業認定とは、

・ビジネスモデル、生産性
・ワークライフバランス、健康経営
・柔軟な働き方
・人材育成、働きがい
・ダイバーシティ&インクルージョン
・法令遵守


これら6つの分野からなり、次世代に残したい企業(ホワイト企業)をスコア化し、企業のPRに活用できます。




ホワイト企業認定には、3つの価値があります。

1.オフィシャルな第三者評価としての価値
2.働き方改革のシンボルとしての価値
3.採用力・定着力の差別化としての価値



特に採用と人材定着に効果があり、新卒エントリー100名だった企業が、導入後には505名にもなった事例があります。

第三者機関からホワイトと認められている事実が、求職者心理に良い働きをするんですね。




また、複数のメディアと提携しており、認定企業を世の中にPRします。






認定企業数、アワードエントリー数も年々増加しています。







魅力満載なホワイト企業認定ですが、先述の「法令遵守」は満点でないといけません。

そもそも、「うちの会社は法令を守れているのか?」と思われる方が多いかと思います。

弊所では労務監査を入れて頂くことにより、「法令遵守」で満点をとるだけでなく、それをずっと維持していくことができる会社作りを支援しております。





3月から説明会を行う予定でしたが、新型コロナウイルスの影響によりしばらく延期することとしました。

メール、お電話ではご質問等受け付けておりますので、お気軽にお問合せ下さい。






お問い合わせはこちら
052-211-9663
営業時間 9:00~17:00 / 定休日 土日祝